2013年09月02日

韓国創作ミュージカル × 苦戦

韓国創作ミュージカル
日本で苦戦=大作は大ヒット

東京・六本木に今年4月、韓国ミュージカルを上演する「アミューズ・ミュージカルシアター」がオープンし、韓国のミュージカル界を活気付けた。

創作ミュージカルが日本向けの文化コンテンツ輸出の原動力になるという見通しの下、韓国政府はミュージカルを「5大キラーコンテンツ」の一つと位置付け、積極的な支援に乗り出した。


だが、現在の日本における韓国ミュージカルはビジネスモデルによって温度差が浮き彫りになっている。アイドルを起用した大作ミュージカルはチケットが完売するなど好調が続いているものの、小規模ミュージカルは不振となっている。


専門家らはこうした対照的な現状について、「いくつかの大作の人気に便乗して無分別に日本進出を推進するよりも、まずは韓国とは異なる日本のミュージカル市場について冷静に評価することが必要だ」と指摘した。


◇韓国オリジナル作品の人気はいまひとつ

アミューズ・ミュージカルシアターで今月9日、「兄弟は勇敢だった?!」が上演されたが、901席ある客席のうち半分も埋まらなかった。KBSドラマ「笑ってトンヘ」が日本でも放送され、日本のファンも多いチ・チャンウクが主演したが、上演10日目を迎えるとチケットの売れ行きが鈍くなった。……



49

【参照記事】
聯合ニュース







人気ブログランキングへ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村




posted by アイドル研修生 at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

ウェントワース・ミラー × カミングアウト

「プリズン・ブレイク」のウェントワース・ミラー
ゲイであることをカミングアウト

テレビドラマ「プリズン・ブレイク」でマイケル・スコフィールドを演じていたウェントワース・ミラーが、同性愛者の権利に対するロシア政府の態度に抗議するため、自身もゲイであることをカミングアウトした。E! Onlineが報じている。

GLAADのウェブサイトに掲載された手紙によると、ウェントワースはロシアで開催されるサンクトペテルブルク国際映画祭への招待を受けたが、ゲイであることを理由に断っている。


「ご招待ありがとうございます。過去にロシアで楽しい時を過ごし、遠縁ではありながらロシア人の祖先がいる人間としては喜んで招待をお受けしたいところです。しかし、僕は同性愛者であるため、お断りするしかありません」とウェントワースは返事をしている。……

24

【参照記事】
シネマトゥデイ







人気ブログランキングへ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村




posted by アイドル研修生 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東方神起 × 人気

K-POPブームが収束しても何故か動員増
東方神起の人気が衰えないワケ

東方神起が8月17、18日の2日間にわたり、日本最大の観客収容能力を誇る神奈川・日産スタジアムで初の単独ライブ「東方神起 LIVE TOUR 2013〜TIME〜 FINAL in NISSAN STADIUM」を開催、14万人以上を動員した。日産スタジアムで単独公演を行った海外アーティストは東方神起が初めて(イベント等では過去例もある)。同スタジアムで過去にライブを行った国内アーティストは、SMAPEXILEAKB48など、いずれも国内屈指のビッグネームであることからも、東方神起の人気の高さがうかがい知れる。

しかし、東方神起といえば数多くのトラブルに見舞われてきたグループだ。2009年には、メンバーと所属事務所のSMエンターテインメントとの関係性が悪化し、ジェジュンユチョンジュンスの三人が離籍して別グループ「JYJ」を結成。2011年からはユンホチャンミンの二人で活動を続けている東方神起だが、その人気はまるで衰える様子はなく、動員数は確実に増えている。いったいなぜ、東方神起は支持されるのだろうか?

K-POPに詳しい韓流エンタメ誌の編集者に取材した。……

23

【参照記事】
リアルサウンド







人気ブログランキングへ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村




posted by アイドル研修生 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。